忖度なしで教えます!SNS運用代行会社の選び方について解説!

Instagram
この記事は約10分で読めます。

「 自社のSNSを伸ばしていきたい! 」と思いSNS運用を始めてみても、「 やり方がわからない、、 」「 フォロワーが増えない、、 」といった方も少なくないでしょう。

上記のような悩みがある方は、SNS運用代行の活用を考えたことがあるのではないでしょうか。

SNS運用のプロであるリプカでも、多くの方が「フォロワーが増えない、、」「どのような投稿をすればいいのかわからない、、」という悩みをもって、ご相談にいらっしゃいます。

ただ、SNS運用代行会社は、「 本当に信用していいの? 」「 たくさんあるけど、どこに依頼すればいいの? 」などの疑問を持つ方も多いはずです。

そこで今回は、リプカがSNS運用のプロ目線から「 SNS運用代行会社の選び方 」や「 メリットとデメリット 」「 SNS運用代行会社の費用感 」などについて解説していきます。

本記事を参考にして、自社と相性のいいSNS運用代行会社を見つけだしてください。

目次

SNS運用代行とは

SNS運用代行とは、TwitterやInstagramなどのSNSアカウントを代わりに運用してくれるサービスです。
具体的には以下のような業務をお任せできます。

  • 戦略立案や目標設定
  • 投稿やターゲットの分析
  • コメントへの返信
  • 投稿の企画・クリエイティブ制作
  • 分析レポートの作成・定期ミーティング

※ 依頼するSNS運用代行会社によって業務内容は異なります。

SNS運用代行を利用するメリット

SNS運用代行会社を利用することは、多くのメリットがありますが、その中でも特にメリットと言える4つをご紹介します。

SNS運用のノウハウを持っていなくても問題ない

自社でSNS運用のノウハウがなくても全く問題ありません。
アカウントを伸ばすことができる上に、炎上などのリスクも回避できます。

通常業務に集中できる

SNS運用に時間をかけることによって、やるべき通常おろそかになっては本末転倒です。
SNS運用をプロに任せることで、通常の業務に集中できるのは大きなメリットでしょう。

自社運用よりアカウントが伸びるスピードが速い

これが一番大きなメリットではないでしょうか。
SNS運用を熟知したプロが運用するため、アカウントが伸びるスピードは格段に速いです。

PDCAを回さず成功しやすい

すでに多くの企業で運用をし、成功事例を持っているのでPDCAを回さず最も最短の道のりで伸ばすことができます。

SNS運用代行を利用するデメリット

SNS運用代行会社を利用するデメリットもあげてみます。

コストがかかる

SNS運用は継続的に運用を続けることで成果に繋がるため、その分コストがかかりますが、値段が安いという理由のみで契約するのはおすすめしません。

自社で検証をしないため自社にノウハウがたまらない

SNS運用代行会社に丸投げすると、運用は成功したとしてもノウハウは溜まりません。
将来的に自社で運用をしていきたという場合、内製化のサポート経験がある運用代行会社を選ぶと良いでしょう。

必ずしも思い通りの結果になるとは限らない

SNS運用は継続的に動かす必要があり、すぐに成果が出るわけではありません。
逆に、希望のフォロワー数をいつまでに達成させるなどの確約をしてくるSNS運用代行会社は怪しいと考えています。

契約期間に縛りがあり契約するとやめにくい場合が多い

SNS運用代行会社にはだいたいの場合縛り期間があります。
成果が出るまで時間がかかることとは理解しておく必要があります。

3ヶ月で1万フォロワーを絶対に増やします。のような耳触りの良い提案をしてくる企業には、フォロワーが伸びる根拠を必ず聞くようにしましょう。

SNS運用代行の費用の相場

SNS運用代行においては、会社によって費用の差があるだけでなく、その中のプランによっても費用の差があるため、契約前にしっかり費用に対してどれだけのことをしてくれるのか確認しましょう。

相場は以下を参考にしてみてください。
この記事の後半で選択の仕方や、単価別のオススメ運用代行会社のご紹介をしております。

  • 低単価( 20万円以下 )
  • 中単価( 月予算30~60万円 )
  • 高単価( 月予算100万円以上 )

SNS運用代行会社の選び方

SNS運用代行会社の選び方においては、一般的な比較のポイントと、SNS運用のプロであるリプカの考える選び方の2パターンをご紹介します。

SNS運用代行会社の一般的な比較のポイント

・月額費用がどのくらいか
・作業内容
・どれだけの運用実績を持つか
・運用の事例

また細かくいうと、クリエイティブやコンテンツの質や好み、要望をどこまで聞いてもらえるかなども判断材料になるかと思います。

リプカの考えるSNS運用代行会社の選び方

色々比較ポイントはありますが、リプカは、自社が求める内容をこなしてくれる運用代行会社であることがひとつのポイントだと考えます。

そのためには、まずはSNSに求めることを明確にすることが重要です。

その自社に合うSNS運用代行会社や依頼するプランをどう選べば良いか。
それを知るために、SNSの運用についてどの程度を希望するかを想像してみましょう。

ここを明確にしておくと、SNS運用代行に依頼するときにどの程度お願いしたいのか。または丸投げしたいのかなど希望をスムーズに伝えたりプランを悩むことが少なくなると思います。

SNSを始めたい

・アカウントをどのように運用していけばいいか分からない
・SNSを動かす時間や人手が足りない
・SNSを見つけられたときに恥ずかしくない見栄えにしておきたい

低単価( 20万円以下 )から検討していでしょう。

潜在顧客の囲い込みをしたい

・通常業務に集中したい
・SNSで認知拡大したい
・商品購入に繋がる可能性のあるファンを獲得したい
・SNSのノウハウを身につけたい

中単価( 月予算30~60万円 )あたりから検討するのがいいかもしれません。

本格的に集客したい

・SNSからコンスタントな売り上げを作りたい
・SNSのノウハウを身につけて将来的に自社運用していきたい(運用代行を卒業したい)
・SNSでブランディングをしたい

高単価( 月予算100万円以上 )を選択するといいでしょう。

このように、希望を明確にしてから、自社に合った代行会社やプランを選択しましょう。
また、将来的に「 もっと本格的に運用をお任せしたい! 」や、逆に、「 内部体制が整ったのでクリエイティブだけお願いしたい! 」となったときにプラン変更ができるよう複数のプランを持つ会社を選ぶのもひとつです。

SNS運用代行との契約前に絶対に確認するべき3つの事項

1.継続期間に縛りがあるかないか( 解約に違約金が発生するのかしないのか )

SNS運用の効果には即効性がないため、最低の契約期間として半年以上を期間として設定している企業が多いです。

解約タイミングを逃したら30万円×1年間といった料金が違約金として追加でかかることもあるので、可能な限り「 契約期間の縛りが短い 」企業に依頼した方がリスクが少ないです。

2.月額費用に対してどれくらいのことをしてくれるのか( 追加料金が発生するケースを明確にする )

営業マンに「 これできますよ! 」と言われても、その内容が契約書に明記されているか必ず確認しましょう。

よくある失敗例として、「 投稿10件をやる 」と言われていても、「 画像編集 」や「 ライティング 」に別料金が発生するケースがあるため注意しましょう。

3.提案能力がどれだけあるか

本当に実力のある会社であれば、アカウントを伸ばすイメージの提案をもらえるはずです。

例えば、「 半年以内に必ず1万フォロワーにします。 」と言われたとします。

・どのように1万フォロワーを目指すのか?
・もし半年で1,000フォロワーしか伸びなかったときに、残り9,000フォロワーはどうするのか?
( もしくは、絶対にそうならないやり方があるのか? )
・1万フォロワー付くことで、得られるメリットは何なのか?

といった点まで深堀して聞いて、ちゃんと回答が得られるか?など確認しても良いと思います。
つまり、運用イメージが営業段階で湧かない状態でのサービス申し込みは少し危険かもしれません。

運用レベル別のインスタ運用会社おすすめ9選

低単価( 20万円以下 )

1.株式会社グローバルリンクジャパン

【概要】
グローバルリンクジャパンは、依頼したい内容や予算に合わせて依頼内容を調整できます。月に4回投稿の更新をしなくてはいけない。など決まった業務を依頼したい会社におすすめです。

【料金体系】
基本料金:月額39,800円
各種作業料金:
・記事(テキスト)作成:12,800円/記事
・フィード投稿:4,800円/回
・ストーリーズ記事作成:19,800円/記事
・ストーリーズ投稿:9,800円/回
など

2.株式会社ニット

【概要】
株式会社ニットのサービスHELP YOUは事務作業代行サービスですが、SNSの運用代行にも対応しています。時間単価での依頼になるので、こちらもすでに運用オペレーションが定まっている企業におすすめです。

【料金体系】
最低料金:月額10万円/稼働30時間

3.株式会社コムニコ

【概要】
コムニコはインスタアカウントの運用全般を行なっているのですが「コンテンツ企画」「コンサル」など一部の業務を依頼することができます。一部予算で社内の運用業務のコンサルをして欲しい企業におすすめです。

【料金体系】
・投稿コンテンツ企画:月額10万円〜
・月次レポート及び定例会:月額20万円〜
・アカウント運用代行:月額50万円〜

中単価( 月予算30~60万円 )

1.株式会社サイバーバズ

【概要】
サイバーバズは独自のインフルエンサーを抱えており、インスタ運用以外にもインフルエンサー施策なども同時に行いたい企業にとっておすすめです。また複数のSNSを用いた提案も可能なのでLINE@などを施策に絡めたい企業はお問合せを行なっておいた方が良いでしょう。

【料金体系】
①基本運用プラン:月額35万円~
②制作/運用プラン:月額70万円~
③投稿選出/運用プラン:月額55万円~

2.株式会社リプカ

【概要】
リプカは他の企業がフィード投稿のみが殆どであるのに対し、時流に合わせてストーリーズやリール投稿をプランに含めています。特にフィードとストーリー投稿の合計数が24回のBUSSINESSプランはかなりお得で、制作実績300件も中単価企業の中では多くの実績を持っています。

【料金体系】
①スタータープラン:月額30万円
②ビジネスプラン:月額35万円
③プロフェショナルプラン:月額50万円
※初期費用はどのプランでも20万円

3.株式会社ウィズワーク

【概要】
ウィズワークが提供しているインスタ運用代行サービスは12回で20万円〜と安価で依頼できるのが魅力です。ただプランにMTGが入っていないので、すでに投稿するコンテンツが明確になっているアカウントだと、良い投稿作成の依頼先になるでしょう。

【料金体系】
①ライトプラン:月額20万円
②スタンダードプラン:月額30万円
③カスタムプラン:月額50万円〜
※ライトプランはミーティングなどが含まれていない

高単価( 月予算100万円以上 )

1.株式会社ガイアックス

【概要】
ガイアックスは他のSNS運用会社と比べ、大規模な広告を使用したキャンペーンや、SNS口コミの収集&分析、データドリブンマーケティングなどを使用したSNSの運用が可能です。
予算にあまり縛りがなく、大規模なプロモーションを行いたい企業におすすめです。

【料金体系】
都度見積もりのため非公開

2.テテマーチ

【概要】
テテマーチはSINISなどのインスタ分析ツールも提供しているインスタグラム運用代行会社です。
運用実績も700社とガイアックスの1000社に継ぐ実績があります。
1アカウントの毎月予算を60〜150万円ほどで考えている企業におすすめです。

【料金体系】
①インハウスサポートプラン:月額40万円〜
②オペレーションサポートプラン:月額60万円〜
③トータルサポートプラン:月額100万円〜
※各プランに初期費用50万円

3.株式会社ホットリンク

【概要】
ホットリンクはTwitterの分析や口コミの拡散を強みに持つ会社で、インスタグラムもユーザー発信のコンテンツを生み出すことが得意会社です。
複数店舗を運用している飲食チェーン店などが相性が良い会社です。

【料金体系】
都度見積もりのため非公開

リプカの強み

・契約期間に縛りがない
・作業量が圧倒的に多い
・「半年で内制化したい!」にも対応
・アカウントの世界観の構築、将来的に販売・集客につながる企画提案をする

まとめ

今回は、SNS運用代行の特長や、メリット・デメリット、また忖度なしでオススメのSNS運用代行会社をご紹介させていただきました。
価格や実績なども判断材料のひとつではありますが、自社に合ったSNS運用代行会社を見つけて後悔しない判断をしましょう

リプカでは、メンバーごとにTwitterでの情報発信やコミュニケーションも心がけております。
各アカウント、DMも解放していますので、ぜひお気軽にご相談ください。

■ 公式マークを手に入れることが夢である リプカ公式アカウント

■ この記事を書いたカリスマ広報 yuho

■ SNS運用の事業部長兼オタク界を牛耳る モッチャン

事業部長の人柄が分かる記事はこちら

Instagram
@ripuca_official

SNS事業とペット事業を行う株式会社リプカです。
このブログでは、カテゴリ別にSNSのノウハウや、フォトコンテストの情報、またリプカメンバーの実態などが分かります!
ぜひぜひ色々覗いてみてください。

@ripuca_officialをフォローする
@ripuca_officialをフォローする
ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました